HPCひまわり美容クリニック

HPCひまわり美容クリニック

美容整形・美容皮膚科・皮膚科の違いって?美容皮膚科医が解説!

美容整形と聞くとタレントさんの噂や失敗話などありますが、「美容外科」「美容皮膚科」との違いをご存知でしょうか? 皮膚の病気治療も整形なの? 手術はする場合はどんなケース? 保険はきくの? など、みなさんが思い浮かべる整形・皮膚科にまつわる疑問を解決! 美容・美肌に関する医療機関の違いをわかりやすく説明します。

解説:HPCひまわり美容クリニック院長 後藤瞳

「美容整形」と「美容皮膚科」の違い

美容整形・美容皮膚科・皮膚科の違いって?美容皮膚科医が教えます HPCひまわり美容クリニック

後藤:美容・美肌に関する医療機関は、大きく「美容外科」「美容皮膚科」の2つに分類できます。「美容整形」は、診療科の名称ではありません。だから、「美容整形」と「美容皮膚科」を比較して説明することはできないんです。簡単に説明するなら「美容外科美容皮膚科は、美容整形も行える医療機関」といったところでしょうか。

「美容外科・美容皮膚科」と「一般皮膚科」

後藤: まずは、イメージしやすい「美容外科・美容皮膚科」と「一般皮膚科」の違いから紹介しましょう。簡単にいえば、病気の治療を行うのが「一般皮膚科」です。一方、美容外科や美容皮膚科は、病気にかかっている方ではなく、現状よりキレイを目指したい! という方が対象です。

美容外科・美容皮膚科 一般皮膚科
対象現状よりもキレイになりたい人皮膚病や皮膚疾患を治したい人
具体例顔治療、たるみ治療、二重整形、脂肪吸引、美肌治療湿疹、水虫、いぼ、かぶれ
料金自費診療が中心保険診療が中心

症状によっては、美容皮膚科・一般皮膚科のどちらでも対応していることがあります。ニキビ治療がその代表的な例ですね。一般皮膚科では、塗り薬・飲み薬などを保険診療の範囲内で処方してもらえます。美容皮膚科では、主に保険認定されていない治療(レーザー、光治療など)でニキビを治療します。

ニキビに関しては、レーザーなどの治療は自費診療になります。保険適応のある疾患(扁平母斑や異所性蒙古斑など)は、回数に制限はありますが保険でレーザーを受けることも可能です。でも、保険医療機関(保険医療を行う機関)のクリニックでなければ、治療はすべて自費となります。美容クリニックは保険医療機関でないことが多いですが、保険医療機関である場合もあるので、受診の際に確認した方がいいかもしれませんね。

「美容外科」と「美容皮膚科」

後藤: おおまかにいえば、外科が「美容外科」で、内科が「美容皮膚科」みたいなイメージです。切ったり縫ったりする手術を行うのは「美容外科」。二重整形や、脂肪吸引、ワキガの手術などをイメージしてもらえばわかりやすいでしょうか。

「美容皮膚科」は、自身の限界内でキレイを目指す治療が中心です。ヒアルロン酸やボトックスなどの注入治療や光・レーザー治療、ピーリングなどを行います。肌質改善など、美肌を目指すことに関しては専門といえます。ここが、美容外科との一番の違いです。

美容外科美容皮膚科
概要美容目的の外科手術を行う美容目的の治療や施術を行う
具体例小顔手術(骨切り)
たるみ治療(フェイスリフト、脱脂術)
二重整形、脂肪吸引
小顔治療(RF治療)
たるみ治療(ヒアルロン酸注入、HIFU)
美肌治療(ピーリング)
料金自費診療が中心 自費診療が中心
ダウンタイム長め短め

たとえば、同じたるみ治療でも、美容外科では皮膚を切って引き上げます。美容皮膚科の場合、ヒアルロン酸を注入したり、「HIFU(ハイフ)」で皮膚の奥(SMAS筋膜層)に熱を加えて内側から引き締めたりします。大きく手を加えるわけではないので、いびつになることがあまりないのはメリットですね。

美容外科はダイナミックに変化が現われる分、一度手術をしたら戻せないというデメリットが。「手術が怖い」という方には、まず美容皮膚科をおすすめします。手術への拒否感がない方、「とにかくわかりやすい変化がほしい!」という方は、いきなり美容外科からスタートしてもいいかもしれません。

プチ整形は「美容外科」と「美容皮膚科」のどっち?

後藤: 「プチ整形」という言葉の定義は時代によって変化するので、一概には言えませんが…「メスを使わない美容整形」を指すなら、基本的に「美容皮膚科」ですね。ただ、二重術なども最近はプチ整形と呼んだりするので、“どっち”とは言い難いです。

年々「プチ整形」自体のハードルが下がってきているなと感じます。昔はヒアルロン酸を注入するだけで「整形だ!」と思われましたが、最近ではプチ整形とすら言われなくなってきましたね。

そもそもヒアルロン酸注入って、1本入れたとしてもたった1ccの量。それを一カ所にというわけではなく、顔全体に少しずつ注入したり…。最近は0.1ccずつ入れてリフトアップさせる打ち方もあります。それが周知されてきて、整形という印象が薄くなってきたのだと思います。

ヒアルロン酸注入(アラガン社製 Juvidermシリーズ)アイキャッチ
当院では「アラガン社製 Juvidermシリーズ」を使用

「美容外科」に比べると、「美容皮膚科」はエステ感覚で通っている患者さまも多いです。とはいえ、美容皮膚科にはエステサロンとは違い、国家資格を取得した“美容のエキスパート”の医師や看護師がいますので、医学的観点に基づいたアドバイスを受けられますよ。

まとめ

後藤: 「美容外科」「美容用皮膚科」「一般皮膚科」の違いを、表で整理してみました。

美容外科美容皮膚科 一般皮膚科
対象現状よりもキレイになりたい人現状よりもキレイになりたい人膚病や皮膚疾患を治したい人
具体例 小顔手術(骨切り)
たるみ治療(フェイスリフト、脱脂術)
二重整形、脂肪吸引
小顔治療(RF治療)
たるみ治療(ヒアルロン酸注入、HIFU)
美肌治療(ピーリング)
湿疹、水虫、いぼ、かぶれ
料金自費診療が中心 自費診療が中心 保険診療が中心
ダウンタイム長め短め
美肌治療

美容皮膚科・一般皮膚科の両方で処置を受けられるニキビ治療のように、一概には言えないケースもあるので、上表はあくまでも参考程度にご覧ください。

美容皮膚科はこんな人にオススメ!

美容目的で医療機関の受診を考えている場合、「美容外科」と「美容皮膚科」で迷われる方も多いかと思います。下記に当てはまる方は、美容皮膚科の受診がオススメです。

  • 自分の限界を超えない範囲でキレイになりたい
  • 美肌になりたい、肌質を改善したい
  • 美容整形をしたいけど、切ったり縫ったり手術するのは怖い

ご自身の希望にあわせた治療を選択してください。

監修:HPCひまわり美容クリニック院長 後藤瞳

今月の人気記事

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
03-6263-9717