お電話でのお問合わせはこちら

03-6263-9717
受付時間 10:00〜19:00

WEB予約はこちらから

line

ほくろができる原因は?アキュパルスで除去したら完全に消えるの?

年齢を重ねるにつれて、大きくなったり膨らんできたりと目立つようになる「ほくろ」。悪性でなければ、無理に除去する必要はありません。といっても、顔などに現れると、鏡を見るたび、つい気にしてしまいますよね。今回は、「レーザー治療」と「切開手術」でほくろを消す方法について説明します。

ほくろができる原因は?アキュパルスで除去したら完全に消えるの?(前半)

解説:HPCひまわり美容クリニック院長 後藤瞳

どうして「ほくろ」はできるの?

後藤:そもそもほくろとは、メラニンを作る細胞(母斑細胞)が増えてできる良性腫瘍です。医学用語では「母斑細胞母斑(ぼはんさいぼうぼはん)」といいます。

「ほくろを除去したのに再発した」という話を聞いたことがあるかもしれません。それは、皮膚の奥……「真皮」の中に母斑細胞が存在していることが理由です。そのため、ほくろを消したとしても、細胞が残っていればまた出現する可能性があります。

ほくろの除去方法は、大きく分けると「レーザー治療」と「切開手術」の2通りがあります。それぞれ、どうやってほくろを消すのか見ていきましょう。

レーザー治療の場合:細胞ごとレーザーで焼いて消す!

後藤:ほくろ除去のレーザー治療では、主に炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)の「AcuPulse(アキュパルス)」を使用します。10,600nm(ナノメートル)の波長のレーザーをほくろに照射。炭酸ガスレーザーは水分に吸収される波長の光なので、皮膚に含まれる水分に反応し、照射部分の組織が蒸散され(焼かれ)ます。その結果、ほくろの組織も除去されるのです。

ただ、母斑細胞が真皮深くまで存在しているケースも多いです。そのため、レーザー治療では複数回治療が必要となるケースが一般的。というのも、一気に深くまでレーザーで削ると、凹んだ状態で傷痕が残ってしまうこともあるからです。

切開手術の場合:メスで皮膚を切って切除

後藤:切開手術の場合は、ほくろ部分を切って除去し、糸で縫合します。切り取った後は皮膚を縫い合わせるので、首や腕など皮膚に余裕がある部分にできたほくろの切除に向いています。一方、鼻のように縫い合わせるための余剰皮膚が少ない部位では、なかなか難しいですね。

施術箇所は基本的に数年でなじみますが、切開の傷が残ります。凹んだ傷というよりは、切った部分が線として残るケースが多いです。

ほくろ除去の方法を選べないことも?

後藤:急速に増大したり、5㎜以上だったり……見た目から悪性の可能性が否定できないケースでは、手術による切開切除一択です。

また、大きいほくろの場合は、良性であってもレーザー治療では回数がかかり、傷痕も残りやすいので、初めから切除をおすすめすることもあります。

後半では、炭酸ガスレーザー「アキュパルス」でほくろを除去する仕組みについて、さらに詳しく解説! 完全に消えるまでどのくらい時間がかかるのか? 麻酔は必要なのか? 再治療の間隔はどれくらい開けるのか? など、施術の流れについて具体的に説明します。

監修:HPCひまわり美容クリニック院長 後藤瞳

前半では、ほくろ切除の方法2つ「レーザー治療」と「切開手術」を紹介しました。今回は、炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)の「AcuPulse(アキュパルス)」を使ったレーザー治療について詳しく解説! 「麻酔は必要なのか」「ほくろが完全に消えるまでどのくらいかかるのか」など、気になる疑問にお答えします。

ほくろができる原因は?アキュパルスで除去したら完全に消えるの?(後半)

解説:HPCひまわり美容クリニック院長 後藤瞳

アキュパルスはスピーディで傷痕が残りにくい!

後藤:アキュパルスは、炭酸ガスレーザーの一種です。10,600nm(ナノメートル)の波長のレーザーで、ほくろを除去していきます。このレーザーは、水分に吸収される光でできています。皮膚に照射すると、その箇所の水分が反応して、組織が蒸散され(焼かれ)ます。

炭酸ガスレーザー AcuPulse(アキュパルス) ディープフォーカス フォーカスビーム

アキュパルスは、スキャナー搭載のレーザーのため、照射時間の短縮が可能に。その結果、周囲への熱損傷は少なく、炭化層の形成が少なく済みます。炭化層が少ないと傷の治りがよく、痕もあまり残りません。

アキュパルスのココがすごい!従来型からパワーアップ

従来のフリーハンドタイプでは、手の動かし方によって蒸散にムラが生じました。しかしアキュパルスには、これまでにはなかった“スキャナー機能”が搭載。この機能により、1ショットごとに正確・均一で再現性のある施術が可能になりました。ただ、病変によって、何ショット重ねていくかは異なります。その点では、従来のフリーハンドタイプと同様、医師の技量による部分もありますね。

アキュパルスでほくろを消す方法 麻酔が必要なケースも!

ステップ1:カウンセリング

後藤:はじめにカウンセリングを行います。「いつ頃できたほくろなのか」「最近急に大きくなったのか」などをヒアリング。少しでも悪性の疑いがある場合、一般皮膚科の受診や切開手術による切除をおすすめすることもあります。ほくろの大きさが5㎜超えのケースでは、悪性の可能性が高いというのも理由の一つです。レーザーでは回数がかかり、痕になるケースも多いので、切開手術をご提案していますね。

問題がなければ、治療内容を詳しく説明。ご納得いただいた上で、同意書にサインをしていただきます。そのあと、施術する箇所に印をつけて、経過記録用に写真撮影します。

ステップ2:麻酔(基本的には必要ない)

1~2mmと小さく、数も多くなければ、基本的には麻酔は行いません。ただし、大きかったり、数が多かったりと、状態によっては麻酔をおすすめします。通常はテープ麻酔ですが、希望があれば注射での麻酔も可能です。

ステップ3:アキュパルスで治療

麻酔が完了したら、アキュパルスによる治療を開始。レーザー照射した箇所を綿棒でこすって、除去していきます。すべて終わったら、鏡でご確認いただきます。最後に「デュオアクティブ」という皮膚保護テープを貼って終了です。

完全に消えるまでどのくらいかかる?再発の可能性は?

後藤:ほくろの色味は、治療が終了した時点ではなくなっていることが多いです。ただ、ほくろの細胞(母斑細胞)が皮膚の奥深くまである場合は、1~2カ月経った頃にまた色味が出てきます。この場合、治療した部分の肌が落ち着いてから再度治療を行います。

治療間隔は、最低でも2カ月は空けましょう。肌の状態や、顔以外の身体のほくろの場合は、それ以上間隔を空けた方がいいケースもあります。最初の治療から2カ月が経過した頃にほくろの色味が出てきたら、再受診するといいでしょう。

皮膚の奥深くまでレーザーを照射してしまうと、凹んだ傷が残ってしまうことも。一度凹んでしまった皮膚は、元に戻すことが難しいです。そのため、当院では、1回で取りきることよりも、「痕を残さない」ことを重視しています。

初回の治療から、1年間は補償期間を設けています。同部位への処置は、2回目以降は一カ所500円で対応。何回でほくろが完全に消えるかは、個人差があります。そのため、完全に消えるまでどのくらいかかるかは一概には言えません。ですが、補償期間内に終えられる方がほとんどです。

監修:HPCひまわり美容クリニック院長 後藤瞳

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
03-6263-9717