お電話でのお問合わせはこちら

03-6263-9717
受付時間 10:00〜19:00

WEB予約はこちらから

line

ピコレーザーでのタトゥー除去は痛い?どのくらいの期間がかかる?

就職や育児などライフスタイルの変化をきっかけに、タトゥーや入れ墨(刺青)を消したいと思ったことはありませんか? 身体に入れる際は短時間ですが、消すには長い時間がかかったり、入院が必要だったりと何かと厄介。今回は、タトゥーを消すにはどんな方法があるのか見ていきます。

ピコレーザーでのタトゥー除去は痛い?レーザー以外の除去方法は?(前半)

解説:HPCひまわり美容クリニック院長 後藤瞳

タトゥー除去の方法は4種類!

後藤:タトゥーを除去する方法は、主に下記の4種類です。

  • レーザー治療
  • 切開手術
  • 植皮手術
  • 削皮手術

「レーザー治療」の場合、美容皮膚科で受けられます。ほか3つは、形成外科となり、一般的には入院が必要となります。

ちなみに、温泉やプールへ行くためなど、一時的に隠したいだけなら、専用のシールやスプレー、ファンデーションを使う方法もあります。

方法①レーザー治療 入院は不要!

後藤:レーザーを照射して、徐々にタトゥーを薄くしていく方法です。使用する機械は「ピコレーザー」や「Qスイッチレーザー」が代表的ですね。通院期間は長くなりますが、“手術”ではないので入院は不要です。

レーザー治療の場合、ゴールは「ぱっと見てタトゥーがあると分からない状態」になること。タトゥーが見えなくなっても、元通りの皮膚にはなりません。

多少なりとも色素脱失や瘢痕(はんこん)が残るケースはあります。体質によって差はありますが、プロが入れたタトゥーや、色素の濃いタトゥー、マルチカラータトゥーなどの場合、回数がかかることが多いので、程度の差はあれど色素脱失斑(白抜け)はほぼ必発と考えていただいた方がいいでしょう。また濃いタトゥーやマルチカラーの場合治療経過中に水疱もできることがあるため、その点では一時的に処置に手間がかかるかなと思います。

方法②切開手術 小さなタトゥーにオススメ

後藤:タトゥー部分を切除して、周囲の皮膚を寄せて縫い合わせる方法が「切開手術」。タトゥーが小さく、周囲の皮膚に余裕があるケースでオススメの方法です。なお、タトゥーがとても小さい場合は入院が不要な場合もあります。

タトゥーが大きい場合、数回に分けて切除し、皮膚を伸張させる必要があります。状態によっては、一度で終わらないこともあります。また、大きすぎるタトゥーには不向きで、ある程度限界があります。傷痕が残ってしまう点も、デメリットと言えるでしょう。

方法③植皮手術 自身の肌を移植する

後藤:「植皮手術」とは、タトゥー部分を切除して、そこに自身のきれいな皮膚を移植する方法です。タトゥーがない箇所の皮膚も切り取るので、身体への負担はやや大きめになります。

方法④削皮手術 皮膚の再生力でタトゥーを消す

後藤:「削皮手術」では、タトゥー部分の皮膚を浅く削り取ります。削られた箇所は擦り傷となり、皮膚が再生していきます。その結果、タトゥーが消えるという方法です。どのくらいの深さを削るのか、細かい技術が医師に求められます。

すぐにタトゥーを消せるのはどの方法?

後藤:タトゥーが小さく、周囲の皮膚に余裕がある場合、一番早いのは「切開手術」。一方、「レーザー治療」は、入院の必要がないので比較的どなたでも受けやすいですね。ただし、10回以上は通院することになります。「植皮手術」や「削皮手術」は、ほか二つよりも身体に対する負担が大きいです。

後半では、レーザー治療でタトゥーを消す場合の流れを詳しく解説! タトゥーを入れたときよりも痛いのか、終了するまで何回くらいかかるのかなど、気になるポイントにお答えします。

監修:HPCひまわり美容クリニック院長 後藤瞳

タトゥー除去4種類「レーザー治療」「切開手術」「植皮手術」「削皮手術」について、前半で説明しました。今回は、その中から「レーザー治療」で有名なピコレーザーをご紹介! 痛みはあるのか、完全に消えるまでどのくらい通う必要があるのか、詳しく見ていきましょう。

ピコレーザーでのタトゥー除去は痛い?どのくらいの期間がかかる?(後半)

解説:HPCひまわり美容クリニック院長 後藤瞳

「ピコレーザー」でのタトゥー除去

後藤:「ピコレーザー」でのタトゥー除去についてお話しします。まず、施術の大まかな流れについて、下記をご覧ください。

タトゥー除去の流れ

  1. タトゥーの大きさを測定
  2. 写真撮影(経過観察のため)
  3. 外用麻酔 ※20分程度
  4. レーザー照射
  5. クーリング
  6. 軟膏を塗布して終了

施術にかかる時間は、タトゥーの大きさや除去したい範囲によって変わります。また、1回レーザーを当てたら終わり! というわけではありません。何回か施術を行い、少しずつ色を薄くしていきます。

レーザーを照射するときの痛みは?

外用麻酔は行いますが、それでも痛みを感じます。多くの方が、タトゥーを入れた時とは違う痛みだと言っていますね。「除去するときの方が痛い!」という声も聞きます。

治療後の経過は?水ぶくれができたらどうすればいい?

後藤:施術直後は、色素が破壊され白色変化(IWP:Immediate Whitening Phenomenon)が起きますが、5分くらいで落ち着きます。それ以降の経過は水ぶくれ(水疱)ができることもありますが、それがなければ浮腫み、ヒリヒリ感等痛みがあります。色は徐々に薄くなっていきます。

色素の濃いタトゥーでは、水ぶくれが起こりやすいです。多色彫りでは、よりリスクが高いですね。水ぶくれを自身で潰すと、感染を起こすことも。必ず医療機関で処置を受けてください。そのままにしておくと、傷痕として残るリスクがあります。

水ぶくれができた際の処置

まずはタトゥー除去を行った医療機関を受診して、処置を仰いでください。一般的に小さい水ぶくれなら、経過観察することがほとんどです。リンデロンVG軟膏を継続して外用し、水ぶくれが萎むのを待ちます。

風船が膨らんだような大きい水ぶくれの場合、清潔な針を刺して、水ぶくれの中身を抜きます。このとき、水ぶくれの皮は天然の被覆材(ひふくざい)になるので、そのまま残します。皮をピッタリと張り付けた状態で軟膏を塗り、ガーゼで保護。2週間程度はこの状態を維持します。

タトゥーが完全に消えるまでどのくらいかかるの?

後藤:何回治療すればタトゥーが完全に消えるのか……一番気になりますよね。残念ながら、「何回で終わります」と断言できないのが実際のところです。インクの種類、深さ、インクの粒子の大きさ、体質などによってまちまちだからです。

基本的には、10回以上はかかる覚悟をしてください。傾向として、自彫りのタトゥーは少ない回数で済みます。単色だと、多色に比べて少ない回数で済むケースもありますね。

肌色や白のインクが使用されている場合は要注意。レーザーで一旦黒色に変化する可能性があります。その場合、黒くなった後に薄くしていくので、施術回数はさらに増えてしまいますね。

監修:HPCひまわり美容クリニック院長 後藤瞳

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
03-6263-9717