HPCひまわり美容クリニック

HPCひまわり美容クリニック

ピコレーザーでのタトゥー除去は痛い?レーザー以外の除去方法は?(前半)

就職や育児などライフスタイルの変化をきっかけに、タトゥーや入れ墨(刺青)を消したいと思ったことはありませんか? 身体に入れる際は短時間ですが、消すには長い時間がかかったり、入院が必要だったりと何かと厄介。今回は、タトゥーを消すにはどんな方法があるのか見ていきます。

ピコレーザーでのタトゥー除去は痛い?レーザー以外の除去方法は?(前半)

解説:HPCひまわり美容クリニック院長 後藤瞳

タトゥー除去の方法は4種類!

後藤:タトゥーを除去する方法は、主に下記の4種類です。

  • レーザー治療
  • 切開手術
  • 植皮手術
  • 削皮手術

「レーザー治療」の場合、美容皮膚科で受けられます。ほか3つは、形成外科となり、一般的には入院が必要となります。

ちなみに、温泉やプールへ行くためなど、一時的に隠したいだけなら、専用のシールやスプレー、ファンデーションを使う方法もあります。

方法①レーザー治療 入院は不要!

後藤:レーザーを照射して、徐々にタトゥーを薄くしていく方法です。使用する機械は「ピコレーザー」や「Qスイッチレーザー」が代表的ですね。通院期間は長くなりますが、“手術”ではないので入院は不要です。

レーザー治療の場合、ゴールは「ぱっと見てタトゥーがあると分からない状態」になること。タトゥーが見えなくなっても、元通りの皮膚にはなりません。

多少なりとも色素脱失や瘢痕(はんこん)が残るケースはあります。体質によって差はありますが、プロが入れたタトゥーや、色素の濃いタトゥー、マルチカラータトゥーなどの場合、回数がかかることが多いので、程度の差はあれど色素脱失斑(白抜け)はほぼ必発と考えていただいた方がいいでしょう。また濃いタトゥーやマルチカラーの場合治療経過中に水疱もできることがあるため、その点では一時的に処置に手間がかかるかなと思います。

方法②切開手術 小さなタトゥーにオススメ

後藤:タトゥー部分を切除して、周囲の皮膚を寄せて縫い合わせる方法が「切開手術」。タトゥーが小さく、周囲の皮膚に余裕があるケースでオススメの方法です。なお、タトゥーがとても小さい場合は入院が不要な場合もあります。

タトゥーが大きい場合、数回に分けて切除し、皮膚を伸張させる必要があります。状態によっては、一度で終わらないこともあります。また、大きすぎるタトゥーには不向きで、ある程度限界があります。傷痕が残ってしまう点も、デメリットと言えるでしょう。

方法③植皮手術 自身の肌を移植する

後藤:「植皮手術」とは、タトゥー部分を切除して、そこに自身のきれいな皮膚を移植する方法です。タトゥーがない箇所の皮膚も切り取るので、身体への負担はやや大きめになります。

方法④削皮手術 皮膚の再生力でタトゥーを消す

後藤:「削皮手術」では、タトゥー部分の皮膚を浅く削り取ります。削られた箇所は擦り傷となり、皮膚が再生していきます。その結果、タトゥーが消えるという方法です。どのくらいの深さを削るのか、細かい技術が医師に求められます。

すぐにタトゥーを消せるのはどの方法?

後藤:タトゥーが小さく、周囲の皮膚に余裕がある場合、一番早いのは「切開手術」。一方、「レーザー治療」は、入院の必要がないので比較的どなたでも受けやすいですね。ただし、10回以上は通院することになります。「植皮手術」や「削皮手術」は、ほか二つよりも身体に対する負担が大きいです。

後半では、レーザー治療でタトゥーを消す場合の流れを詳しく解説! タトゥーを入れたときよりも痛いのか、終了するまで何回くらいかかるのかなど、気になるポイントにお答えします。

監修:HPCひまわり美容クリニック院長 後藤瞳

今月の人気記事

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
03-6263-9717