お電話でのお問合わせはこちら

03-6263-9717
受付時間 10:00〜19:00

WEB予約はこちらから

line

肝斑の治療

肝斑は両頬の左右対称にできる色素斑で、摩擦や紫外線などの慢性炎症、女性ホルモンの乱れなどが原因で発生します。
30代〜40代に発症することが多く、シミ対策のために紫外線に気をつけている人でも日常的に過剰なスキンケア等で摩擦を繰り返したり、ホルモンの影響もあるため、なかなか自身のケースだけでは改善が難しいケースもあります。

肌にあらわれる症状がシミか肝斑なのかによって治療方法が変わるため、まずは一度お気軽にご相談ください。

ピコレーザーについて詳しく見る
ピコレーザーについて詳しく見る
needleRF/POTENZAについて詳しく見る
ピコレーザーについて詳しく見る
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
03-6263-9717